社会貢献

SDGs1 SDGs2 SDGs12

「食を通じて、社会貢献を」

【フードバンクを通じて人々を支援】
foodノースイグループでは品質に問題はないが販売に適さない食品ロスをフードバンクへ定期的に寄贈しています。「フードバンク」活動を通じて企業の社会的責任(CSR) の取り組みの一端として、社会福祉の増進に貢献してまいります。

【フードバンクを通じて環境問題改善】
日本のごみ総排出量は、東京ドームおよそ115杯分にも及びます(4,289万トン)。1人1日当たりのごみ排出量は、920グラムです。(2019年3月26日、環境省発表)。このうち約半分は食品廃棄物で、その大半が焼却処分されています。この焼却した際に排出されるダイオキシンによる環境汚染やCO2排出による温暖化も問題となっています。ノースイグループは、フードバンクへ食品ロスとなる食品・商品を定期的に寄贈することで、廃棄物の削減を目指しています。廃棄物の削減を目指すことで、環境負荷の低減に協力し、環境汚染、地球温暖化を対策に貢献してまいります。