沿革

1956年 農水産物の卸売販売及び加工ならびに輸出入を目的とする「太洋農水産株式会社」(資本金500万円)を設立。
1967年 水産素材品の加工と冷凍野菜のリパックを行う冷凍食品工場を大阪市此花区西九条に建設したのを機に、冷凍食品分野に進出。
1970年 東京営業所を開設。
1971年 水産加工品の本格販売を開始。
1972年 福岡営業所を開設。
1973年 札幌営業所を開設。
1974年 東京営業所を支店に昇格。
本社社屋を建設。
1975年 仙台営業所を開設。
1977年 資本金1億2,000万円に増資。
1979年 本社に加工食品本部を設置。
1981年 学校給食向けのJAS規格エビフライを発売。
1982年 名古屋営業所を開設。
冷凍野菜のリパック工場として桜島工場(現 ノースイ食品(株))を建設。
1983年 直営の冷凍食品工場を畜産加工品専用工場に改装し、ノースイ食品(株)としてスタート。
1984年 (有)大光水産(現 (株)大光ノースイ)での委託加工を開始。
1985年 コンピュータシステムの運用開始。
1986年 創業30周年を機にCI(コーポレート・アイデンティティ)を導入し、社名を太洋農水産(株)から(株)ノースイに変更。本社別館建設。
1989年 資本金を3億3,500万円に増資。
組織を大幅に変更し事業部制へ移行。
1990年 直営の桜島工場をノースイ食品(株)へ移管。
1991年 中国・龍大企業集団と合弁会社「煙台龍大食品有限公司」を設立。
1992年 (有)大光水産(現 (株)大光ノースイ)に新工場を建設。
1993年 大阪支店を開設。
1994年 東京支店に調理食品開発室を開設。
1995年 中国・龍大企業集団と合弁会社「山東龍大冷凍食品有限公司」を設立。
1998年 ノースイ食品(株)の生産機能を桜島に集約し、HACCP対応の新工場を設置。
より効率的な物流を目指し、(株)エヌ・シー物流を設立。
2000年 大阪支店を大阪市此花区西九条に移設。
(株)大光ノースイに資本参加し、HACCP対応の新工場を設置。
2001年 山東神龍食品有限公司(中国)に資本参加。
2004年 2事業本部体制(水産事業本部と冷食事業本部)へ移行。
(株)大光ノースイを100%子会社化。
2006年 資本金を4億3,500万円に増資。
創業50周年。
3事業本部制へ移行(水産事業本部・加工水産事業本部・冷食事業本部)。
ノースイ食品(株)を100%子会社。
2007年 ノースイ食品(株) ISO 9001:2000取得。
2008年 2事業本部制へ移行(水産事業本部、冷凍食品事業本部)。
2010年 本社(大阪)、東京本社 2本社制へ移行。
2013年 札幌、仙台、名古屋、福岡の各営業所を支店昇格。
北陸営業所を開設。
(株)大光ノースイ ISO22000:2005取得。
びえいフーズ(株)を設立。
2016年 創業60周年。
2017年 本社(大阪)を大阪支店(大阪市此花区西九条)に移転。